プラスチック(樹脂)を材料にして、商品を製造するようなメーカーでは、加工をする一連の工程の中に切削加工を施すことも行われています。柔らかい素材になることから一般の方では簡単にできると想像する方がいるかもしれませんが、実際には通常の方法では綺麗に加工を施すことはできません。例えばDIYなどを行っている方は、グラインダーを所有している方も大勢います。プラスチック(樹脂)に対して切削加工でカットをするだけという単純な作業でも、グラインダーを使うと断面の部分が熱で溶けてしまい、バリがかなり残る問題と、溶けたプラスチック(樹脂)が縁に固着してしまう問題も出てしまいます。

プラスチック(樹脂)を使う商品を製造するメーカーでは、専用の切削機を整えていることになり、回転させる刃も専用のものを使い、冷却をしながら綺麗に加工を施せる機械器具が該当しています。回転数を低くすると熱は発生しにくい状態になりますが、これでは作業効率が低くなるので、原則として高速回転でも綺麗な切削が行える機器を採用してます。旋盤など金属加工に用いる工具では問題が出てしまうので、溶かさずに表面も綺麗な輝きを保ちながら加工できるマニシングセンタなどを導入しているメーカーも多数仕事をしています。プラスチック(樹脂)に対応するマニシングセンタを使う方法であれば、この機種だけで全ての工程を終わらせることも不可能ではなく、製造ラインの作業効率を高めることに役立っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です