プラスチック(樹脂)の加工方法の1つ切削は、文字通り切って削る加工を意味するもので、金型を用いる射出成形とは異なります。射出成形が金型に溶かしたプラスチック(樹脂)を入れて冷やし、取り出すのに対し、切削は塊を削り出して形を作るのが特徴です。成形加工は大量生産向きといわれているので、逆に少量を必要とする試作には向きませんし、金型のコストが掛かるのでこちらは本番用です。一方、切削は1個からでも作ることができますから、量産するプラスチック(樹脂)製品の試作に向いているといえます。

基本的に人の手による作業なので、時間が掛かったりコストも掛かりますが、金型を作るのに比べれば安く済みます。プラスチック(樹脂)の切削には大きく分けて旋盤加工とフライス加工があり、刃を当てて加工する点が共通します。旋盤加工は回転させて削り出す加工方法ですから、円筒状のものに向いていますし、一定の幅や角度などをつけてイメージ通りの形を作ることが可能です。フライス加工は回転する刃を当てる切削加工で、加工する材料のプラスチック(樹脂)は固定する点が異なります。

平面を出したり穴を開ける、溝を掘るなどの加工もお手の物ですから、活躍する場面は多くてこれがなくては仕事にならない現場も少なくないです。コンピュータ制御のNCフライス、CNCフライスも代表的な加工方法の1つですし、工具を使い分けるマシニングセンタも花形ですから、試作において活躍します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です