プラスチック(樹脂)を切削する際には、様々な注意点があります。その中でも特に注意しなければならないのは、プラスチック(樹脂)が非常に柔らかいものであるとともに、熱によって変形してしまう性質があることです。そのため、特に切削機械を使用する場合には、その温度変化に十分に注意をしながら行わなければなりません。一般的に切削加工を行う際には高速で回転する刃先を材料に押し当て、その摩擦力で削り落とすと言う方法がよく用いられますが、この場合には刃先と大量との間が激しくこすれるため、摩擦熱が発生することになります。

この際に熱に弱いプラスチック(樹脂)の場合にはその熱で表面が溶け、大きく変形をしてしまうことが少なくありません。またその熱によって切断面が乱れることにより、精度を保つことができないばかりでなく大きく変形し部品として使えなくなってしまうことも多いので注意が必要です。プラスチック(樹脂)の切削を行う際には熱が加わらないように静かに行うことが非常に重要なポイントであり、また様々な工夫をすることが大切になります。そのため基本的に切削機械はあまり使用せず、手作業で行うことが好ましい場合も多くなっており、また機械を使用する場合には十分に冷却をすることができる環境で行うことが必要であるほか、摩擦熱が発生しないように低速で作業を行うことも重要なポイントです。

プラスチック(樹脂)の特性を十分に理解し、丁寧に作業を行うことが上手に加工する秘訣です。プラスチック(樹脂)の切削のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です