生活においてプラスチックは当たり前になっていて、使用範囲は多岐にわたっています。テレビや洗濯機、携帯電話などの電化製品やペットボトル、はさみの取手など日常的に使用するアイテムに使用されています。そのほとんどはプラスチック(樹脂)を使って射出成形という方法を利用する人が多いです。最近3Dプリンターが話題になっていますが、プラスチック(樹脂)を使った射出成形と金型になります。

プラスチック(樹脂)による射出成形の特徴として、高品質で大量生産を実現することが可能です。あらゆる商品の製造において使用される方法で、そのシステムはシンプルです。200度の高温を使ってプラスチックを溶かしていき、金型の中に押し込み冷却してから固めるという方法になります。特徴として金型さえ作ってしまうと、複雑な形のものを高品質で製造することが可能です。

いろいろなメリットがあり、生産性の良さがあげられます。現在射出成形機は機械化されており、かなり速いスピードでさまざまなプラスチック製品を生産することが可能です。製品の種類にもよりますが、速いものでは数秒毎に1個の割合で製造することができます。大量生産体制の象徴とも言われており、非常に効率的な方法と言えるでしょう。

一定量以上の販売量が見込めないなら、金型を製造するための費用が高いため使うことが難しい方法とも言えます。二つの部分から構成されており、プラスチック原料を溶かし金型へ流し込む射出装置と、溶けたプラスチックを固めてから製品を取り出す型締め装置があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です