プラスチック(樹脂)はどのようにして成形しますか。それはケーキの作り方にとてもよく似ています。液状になった原材料を型に流し込んで成形します。原材料は非常に高音になっているので注意が必要です。

型に流し込んだなら、冷却して完成します。プラスチック(樹脂)を扱う製造業の工場にはたくさんの型があります。一つずつことなるものが必要だからです。たとえば冷菓子が入っているプラスチック(樹脂)の容器は身近なものです。

それを作る方法は磁器を作る方法とは全く異なります。たとえばおはぎは手でおにぎりを作る要領で作ります。一方でチョコレートは液体を型に流し込みます。後者の方法で成形が行われます。

環境のことを考えるならプラスチック(樹脂)の使用は控えた方が良いと言えます。環境問題と商業活動は相反することがあり難しい問題です。ゴミ処理の段階で排出する二酸化炭素が異なるので、環境に優しい原材料を使用した方が良いからです。環境に優しい原材料には竹や木でできたもののことです。

とはいえそのために森林を伐採することにも別の問題点が生じます。最近は木製の使い捨てスプーンを使う傾向にありますが、そのためにわざわざ森林を伐採するなら無意味です。もちろん割りばしなどは端切れなどを使用しています。大きな木を一本切り倒して割りばしを作っているわけではありません。

いずれにしても、美しい地球に配慮を払うことは不可欠です。利益だけを追求することはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です