プラスチック(樹脂)の成功を左右するのは、型が設計図通りに正確であることです。成形の要と言えますから、手を抜くことはできません。設計士さんが成形用の型の設計図を描きます。それから形に仕上げていきますから、かなりの高い技術が必要です。

プラスチック(樹脂)の特徴は、成形がしやすいことです。粘土のように望む形にすることができるので、製造業の力強い味方と言えます。金属よりもずっと扱いやすいことも特徴になっています。戦後高度経済成長において、プラスチック(樹脂)の登場は欠かすことができないものでした。

ところが近年になって人件費のやすい東南アジアへと工場が移転します。それにより国内の製造業は大きな影響を受けるようになりました。仕事を失ったり、工場が閉鎖した例もかなりの数に上ります。それからさらに時代は移る変わり、海外の人件費も高騰しました。

人件費がさらに安い場所へと移転せざるを得なくなったのは事実です。どんな時代にも対応できるだけの順応性があれば企業は生き残ることができます。成形に関しても同じことが言えます。プラスチック(樹脂)の需要は今後も増大すると考えられます。

それと同時にゴミ問題を考えなければいけません。不必要に買い替えないように心がけましょう。新しいものはすぐに購入できますが、そうなると手持ちはどんどんと増えていきます。地球のことをいつも考えなければいけません。

人間は地球のゲストであるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です