プラスチック(樹脂)の成形には、主に「圧縮」「ブロー」「射出」「真空」の4種類の方法があります。「圧縮」は、材料を加熱した金型に入れて140から180度の熱と上型から圧力を加え、冷却させて硬化させ取り出す成形方法で最も長い歴史があります。金型構造が単純なため金型製作費が安いことと、冷却に時間を要するため能率が低いことが特徴です。主に熱硬化性のプラスチック(樹脂)が使用され、航空関連部品などの大型品や少量生産品、試作品の製造に用いられています。

「ブロー」はプラスチック(樹脂)を溶かして空気圧で膨らませ金型で挟み、中に空気を吹き込み膨張させて成形する方法です。空気を吹き込むため多くが中空状の製品となることが特徴で、主にパイプや液体化粧品・液体洗剤などの容器のほか排気マニホールドなどの作製に適しています。「射出」は溶かしたプラスチック(樹脂)を金型内に射出し、冷却固化することにより樹脂製品を作る方法です。各成形方法の中で最も気密性が高く、短時間で大量生産が可能であることが特徴です。

電化製品の外装や内部パーツ、玩具など日常生活に欠かせない数多くの分野の製品製造に用いられています。「真空」はプラスチック(樹脂)に熱を加えシート状に軟化させ、それを金型に密着させて真空圧をかけて形を作り出す成形方法です。金型が雄型または雌型のどちらか片側のみで製造できるため比較的低コストであることが特徴で、卵のパックや食品トレーなど薄肉の樹脂容器からバスタブなどの大型製品まで多彩な用途に用いられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です