金型の試作を行う際のポイントは、その耐久性を十分に予測することが重要です。あらかじめプラスチックを何回製造できるかを予測する事は非常に重要ですが、これはその製造工程によっても異なるため、様々な過去の情報をもとに最適な回数を算定し、これにあった材質や構造などを設計により実現することが重要なポイントとなります。金型の試作では元の設計値通りのプラスチック製品を製造できるかどうかを確認することはもとより、その歩留まりを確認することも非常に重要です。特に流し込んだ場合にその構造によっては十分に推計値通りの成型をすることができない場合も少なくありません。

流し込む位置によっては十分に材料が行き渡らないと言うこともあり、その場合には本来の目的の形状が実現できずに、歪んだ成型となってしまう場合もあります。この場合にはその原因を突き止め、正しい成型が行えるようにすることが重要です。金型の試作では、実際の耐久性を確認することができません。そのため、材質と構造からその耐久性を予測することになりますが、この数値はあくまでも目安とすることが必要です。

金型の試作では実際にこのような点を確認したくなるんですが、本来の目的はあくまでも必要なプラスチックの成型を確実に行うことができるかにあり、また同時にそのための工程が効率的に実現できるかを確認するためのものであることを十分に意識して、その点だけを迅速に確認するようにすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です