金型は部品を作るために欠かすことができない設備で、部品ごとに必ず1台製造されます。量産で使用できるようになるまでは数十回以上もの試作品を成型して寸法測定や外観検査を繰り返さなければなりません。金型成型では、主に樹脂やゴムなどの材料を使うときに使うもので、他にもプレス機を使い金属材料を枠に合わせて形作る方法もありますが、成型といった場合には樹脂やゴムが一般的です。樹脂材料の場合は、成形機で材料を高温加熱して溶かしてどろどろの状態にしてそれを金型内に流し込みます、材料が投入する部分のことをゲートと呼ぶのですが、ゲートの数は試作品を作りながら位置および数を決めます。

このゲートから内部のキャビティに材料が流れる道のことをランナーと呼びますが、挿入口から流し込まれる受持材料はランナーを通り各キャビティに充填されます。このとき、ゲートからキャビティまでの距離が長いものと短いものでは流れ方が異なるので、完成した試作品に違いが生じてしまうことも少なくありません。特に、試作品を作り始めた当初は材料の充填が極端に不十分で形が変形しているものが作られることもあります。ただ、最近では金型内でどのように材料が流れるのかを知ることができる技術があり、これは流動解析と呼ぶのですが流動解析を行うことで早期段階から金型の完成度は高めで解析技術が構築される以前と比較すると試作品作りの期間は短縮されているといわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です