何かを作る場合、それが完全手作業でない場合には金型を使った大量生産の仕組みにシフトしていくのが一般的です。金型を成型するのは、同じ品質のものを大量に安定的に作るためです。そのためには繰り返しの試作を行い、その中で納得のいくものを作り上げていくことになります。この流れで様々な製品は量産体制を作っていくことになります。

細かな部分に違いがあったとしても、基本的な仕組み次第は同じものであるといえるでしょう。この金型の成型と試作はこれまでのものづくりでは基本的な手中として定着しています。今後もこの流れ自体は進んでいくと思われますが、3Dプリンタの技術の発展次第では設計図を作ることが金型の成型の試作と同じ意味合いを持つことになる可能性はあります。しかしながら当分の間は安価に大量生産を行うための手段として引き続き使われていくものと考えられています。

3Dプリント技術は非常に優れたものですが、人間の手で作り上げるものよりも勝るとは限りません。いずれにしてもものづくりの基本というものは試行錯誤の繰り返しであると言えます。作ってみて、良くない部分が確認されればそれを修正することで改善を繰り返すという手順です。この仕組みそのものはこれからも変わらないと考えられるため、今後どのように世の中が変化しても金型の成型とその試作を繰り返して良いものを作っていこうとする試みの仕組み自体は変わらないのではないでしょうか。

金型成型の試作のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です