試作は設計図面を作成し、それをベースにして商品を製作し出来上がりを評価する作業です。実際試作品を作るメーカーは多く、評価することによってさまざまなメリットがあります。試作をメーカーに依頼するメリットとして、コスト面での課題が明確になるということです。商品開発において原価目標があげられますが、試作することによって不要なコストはないかやコストがかかっている工程を明確にすることができます。

生産技術の向上が見込めることができ、製作においていろいろな生産方式や製造条件などが検討したりテストされます。新しい生産技術や手法などを取り入れることができ、生産技術がアップするでしょう。試作をメーカーで繰り返すことによって、新しい製品構造や製造方式などを検討することが可能です。原価目標がどこまで達成されているかについて、フィードバックしながら効果的にコスト削減を実現できます。

サプライヤーとの協業体制を見直すことができ、売上げや利益拡大を提供し合える共存関係を築くことが可能です。開発上重要な作業になりますが、いろいろな課題があります。後工程で発生する課題をこの段階で発見し、後工程を効率的にするのが役割になりますが、実現するには長い道のりがあるでしょう。技術力や評価力などを見直すことができたり、納得のいく商品ができるまで試行錯誤を繰り返すことが可能です。

生産に入る前にこの段階を十分いかすことによって、商品の出来栄えがことなります。試作のメーカーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です