自分で思い付いたアイデアを形にしたいと考えた時、思っているよりも多くのハードルが存在します。

ちょっとしたプラスチックの製品だったとしても、実際に作るとなると工場に依頼しなければなりませんし、その数も10個とかではなく10、000個とかになるのです。

 

また、そこに必要になるのが金型で、大量生産品はとにかく金型が必要になります。完成品の素材がいくら安価なものであったとしても、金型の成型には費用が掛かるため、ここが一番のネックとなっています。もちろん試作の段階では一つ一つ調整しながらモックアップで作ったり、場合によっては3Dプリンターなども使えるでしょう。ただ、少しでも製品として売る段になると工場にお願いするしかないため、しっかりと成型された金型が必要なのです。

 

試作段階では少しずつ調整出来るものでも、成型してしまえば修正は作り直しになってしまうので、試作の時にしっかりと決めておかなければなりません。逆に考えれば、一度しっかり完成してしまえば金型はずっと使えるものなので、初めの一度切りの費用になります。材料費は掛かっていきますが、順調に売れていけば気にならないぐらいの儲けになっているはずなので問題ないでしょう。特に素人発明家などが直面しやすい難題ですが、こういった工場の常識をレクチャーしている団体などもあるので、アイデアを思い付いたら特許と一緒に作り方について学びに行ってみるといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です